1人でも多くの気持ちを救いたい / 斎藤れな

アーティスト

本日紹介するアーティストは斎藤れなさん。

Bright Soundグループのメンバーに加入しオリジナル楽曲を数多くリリースしてきました。

今回は配信限定9ヶ月連続配信と初の全国流通作品ラブソングについて聞いてきました。

自己紹介をお願いします

1997年10月17日 札幌生まれ札幌育ちの23歳。

趣味は歌うこと、踊ること、ゲームをすることなれなちこと斎藤れなです!

物心着いた時から歌うことがすきで、歌を歌う人になりたくてアーティストを目指し始めて2012年からライブ活動を始めました!

普段は基本的にお家から出たくないアウトドア気質です、一日中お家でゲームしたい〜っていう感じですが、ライブになるとめちゃくちゃ元気です( ◜ᴗ◝)

どんな活動をしているのか教えてください

主に今の活動範囲は北海道がメインですが、東京や大阪、色々な地域に遠征などを積極的に行ってライブ活動をしております。

ライブはオリジナル曲がメインで、様々なコンセプトの楽曲を歌っています。

時には凄く幸せな恋愛の曲だったり、ファンの方に向けた曲だったり、自分の事を書いた曲だったり、凄くメンヘラをこじらせた曲だったり(笑)

色々な曲を歌うこと、をコンセプトとしているので、自分のコンセプトは【Devil or Angel】で、悪魔にも天使にもなれる女の子。として活動中です。

私の歌で、1人でも多くの気持ちを救えたらいいな、何か伝えたいことが1ミリでも伝わりますように、そういう気持ちで毎回のライブやイベントを行ってます。

9ヶ月連続配信リリース作品について教えてください

9ヶ月連続配信リリースしましょう!と決めたはいいものの、配信自体初めてだったので、曲を決める段階から躓きました。

どの順番で出したらいいかな、とかこの曲はこの月に出したいなとか色々考えていくと全然まとまらなくて…。

でも改めて自分のオリジナル曲と向き合ってみて、やっぱりオリジナル曲全部いい曲だな、と思ったのと、やっぱり大好きだなと改めて思えたので、凄く自分にとっても素敵な機会になりました。

自分的オススメ楽曲としては…やっぱりとても悩むんですけど…全部と言いたいんですけど…

活動人生で一番最初に初めて貰ったオリジナル曲の【真冬のカナリア】

ライブではなかなか聴けないけど私自身が初めて作詞したオリジナル曲の【好き。】

この2曲を特におすすめしたいです…!

この2曲を聴いて、いいな!とか思って貰えたら是非他の曲も聴いて欲しいな…!という気持ちです( ‘ㅅ’)

Mahuyunokanaria by Rena Saitou
Single • 2020 • 1 Song • 4 mins
Suki. by Rena Saitou
Single • 2020 • 1 Song • 5 mins

CDリリースが決まっていますがどんな作品なのか教えてください

2曲入っているのですが、表題曲のラブソング。

この曲、実は女の子同士の恋愛の曲なんですよ…( ◜ᴗ◝)

またまた新しい感じのイメージきました。

とても切ないようなもどかしい、それでいてストレートな気持ちを伝えていて、なんか恋愛ってこういう気持ちだなぁ、わかるなぁ、ってなる歌詞です!

2曲目は先程もオススメした真冬のカナリア ver2020。

改めてレコーディングし直して、今の私の歌声で聴いてもらえる嬉しさがあります( ◜ᴗ◝)

念願の!そしてファンの方からしたらきっと待望の!CDリリース!インディーズデビュー!

まだまだこれからもずーっと皆様と進み続けていたいのでこれを機に知った方も、知ってくれていた方も是非斎藤れなの応援よろしくお願いします!

斎藤れな/ラブソング
TOWER RECORDS ONLINEは、CD、DVD、ブルーレイ、本、雑誌、各種グッズ、チケットなどが購入できる通販サイトです。ポイントは店舗・ネット共通!CD、DVDの通販ならタワーレコードオンラインショップ。

SNS一覧

個人Twitter飾り

https://twitter.com/renasaitou1017

公式Twitter飾り

https://twitter.com/SaitouRena_Info

ホームページ飾り

れなち | 日本 | 斎藤れなofficial Website
北海道札幌市で活動している斎藤れなの公式Websiteがオープン!! プロフィール、ユニット、スケジュールなどの詳細が載っています。

YouTube飾り

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

・本日の記事を担当したのはU-toです。

音楽事務所Bright Sound社長、Most Lady Killerのボーカルを担当。アーティスト支援に力を入れブラックボックスのない事業を展開。また自身もアーティスト活動を行っておりテレビ朝日や千葉テレビなどのエンディング楽曲も担当。CDや配信限定楽曲も数多くリリース。
バンドマンが社長になった理由
By Most Lady Killer U-to

コメント

タイトルとURLをコピーしました