日本人であることの誇らしさを感じ取ってほしい / 饗庭あやこ

アーティスト

本日紹介するアーティストは饗庭あやこさん。

沖縄三線という僕があまり知らない楽器をやられていることでインタビューをしたいと思いました。

日本人であることに誇りを持つっていいですよね。

聞けば聞くほど興味がでてくるアーティストだと思いますよ。

自己紹介をお願いします

☆プロフィール☆

札幌出身&在住、11月30日生まれ、射手座のA型(自由人)

☆趣味☆

映画鑑賞、全国一人旅(登山や温泉・世界遺産・寺巡りが好きでほぼ全都道府県回りました)

☆特技☆

デザインやイラスト、グイン歌唱(独学で3ヶ月で習得)

どんな活動をしているのか教えてください

ピアノを弾いたり三線を弾いたり、一人ミュージカルステージをしたりサブカル現場で歌ったり。。。

毎回来ても楽しんで頂けるような、びっくり箱アーティストを心がけて活動しています。

☆歌☆

音域が広く男性曲も難なく歌えて、逆に高音域は芯の強いミックスボイスが得意なので、パワフル系から繊細系、アニメのキャラソン、こぶしをきかせての民謡系、洋楽まで幅広く歌っています。

札幌が拠点ですが、東京や大阪でもライブをします。

☆ピアノ☆

幼少期に投げ出したまま大人になり、アニソンを弾きしたい一心でコードを覚え、5年前からピアノ弾き語りを始めました。

オリジナルを作るときはピアノメインで、変拍子やテンションコード、転調を多用した独特の楽曲が得意です。

☆沖縄三線☆

のんびりですが10年嗜んでます。

三線譜の作成やアレンジが得意で、アコギ✕三線ユニットでの活動もしています。

国際学会やイベント広場、公共施設や介護施設でのボランティア等ライブハウス外の演奏が多いです。

☆ラジオ☆

2020年9月より、FMドラマシティ77.6MHz「キラキラサタデー」にてパーソナリティーを務めています。

まだまだひよっこパーソナリティーですが、是非サイマルラジオなどで一度ご視聴ください!

2nd Singleについて教えてください

1曲目「justice crush」は、アニソンメインのサブカル現場で打てる&聴いてて高まる、アニソンのOPのような疾走感がある曲を作りたいと思って作曲しました。ギターがめちゃかっこいいロックナンバーです。

実はこれでも最初よりキーをひとつ下げているのですが、それでも自分の中ではチャレンジキーだったのでライブしてるようなテンションの激しいレコーディングでした(笑)

歌詞の内容は実は今の情勢から生まれた曲です。

それぞれの意見が飛び交う中でSNSで見るのは「お互いの正義」の衝突。

自分にとっての正義も、真逆の意見の人間から見たら「悪」になる。

私たちは戦場にいるわけではないけど、それぞれがぞれぞれの何かを守るために戦っているんだ。ということを描いています。

2曲目はライブでも人気のバラード「いつか誰かに貸した傘」が満を持して音源化となりました。

1曲目と真逆で、ピアノと弦楽が主体のクラシック風アレンジになっています。

数年前、初めて生演奏系のコンテストファイナリストに選ばれて、その際に決勝で弾き語るため作った楽曲です。

そのコンテスト予選で私の演奏で涙してくださった女の子がいたのですが、そのときの「ありがとうございます」が私の原動力になったので、誰かの優しさが誰かへの愛に繋がるんだよ。っていうことを歌詞にしました。

この曲をきっかけに私を知ってくださった方がたくさんいたので、自分にとっても大事な曲です。

今後の展望を教えてください

私は作詞をする際に「日本語の美しさ」を表現したい。という意識で作曲しています。

学生時代、漢字検定準1級を趣味で勉強したときに、1stシングルでも使用した「寿ぐ(ことほぐ)」という言葉を見てなめらかな響きとか、日本人が持つ礼儀正しさが魅力的に感じて漢字にはまりました…。

なので私のオリジナル曲は難しい読みや古語、そして「ルビ」が多いです(笑)

自身の楽曲を通して、日本人であることの誇らしさを感じ取って頂けるような楽曲を書きたいです。

また、今後目指すのはどの年代の方が聴いてもすっと入るような楽曲を作れる人でいたいですね。

楽曲提供も経験はありますが、地元企業様等へのタイアップが目標です。

何か一つ、永く残る何かを成し遂げてみたいなという気持ちです。

もしそれが「アニソン」だったら泣いて発狂して喜びます(笑)

そして情勢が落ち着いたらまた北海道外にもライブに行きたいです!(切実)

最後にみなさんに伝えたいことがあればどうぞ

年齢を重ねていく中で出来るようになることを大事にして、馴染みの皆様にはまだまだ変わっていけるところを、これから出会う方々には面白い人を見つけたと思って頂けるように仕掛け作りを頑張りたいと思います!

SNS一覧

☆公式HP☆

ホーム | 饗庭 あやこ

☆Twitter☆

https://twitter.com/yuu7aozaki

☆MV☆

饗庭あやこ「personal color」

 

 

・本日の記事を担当したのはU-toです。

音楽事務所Bright Sound社長、Most Lady Killerのボーカルを担当。アーティスト支援に力を入れブラックボックスのない事業を展開。また自身もアーティスト活動を行っておりテレビ朝日や千葉テレビなどのエンディング楽曲も担当。CDや配信限定楽曲も数多くリリース。
バンドマンが社長になった理由
By Most Lady Killer U-to
タイトルとURLをコピーしました