私の生き方や歌が誰かの人生の一部になり寄り添うことができるような活動をしていきたい / おる

シンガーソングライター

本日紹介するシンガーソングライターはおるさん。

Bright Soundグループの一員として活動していて本日12月23日に1st Digital Singleのリリースとなりました。

そのデビュー曲をがっつりインタビューしてきましたよ。

自己紹介をお願いします

シンガーソングライター兼ボイトレ講師をしていますおるです。

1999年1月24日生まれ!21歳!O型!

趣味は1人で夜な夜なカラオケに行くこと、服、カフェ、バンド、人の声帯の状態を見ること。

特技は誇張した物真似、肩をはずして回すこと、ブリッジして歌うこと、人を笑わせることです。

元バンドマン、演技を勉強したりたくさんのことに挑戦してきました。

やると決めたらすぐ行動。

明るく元気、暗くて闇深いそんな二面性をもっています。

どんな活動をしているのか教えてください

「人生を歌う」がテーマで活動しています。

私は、自分のこと周りで起きた事を歌っています。

それは恋愛だったり、友達との出来事だったり、青春だったり、自分のふとした瞬間や普段口にして言えない事を歌っています。

私のストーリーです。

私の一瞬のストーリーが誰かのストーリーに重なるように私はステージに立って歌っています。

今はコロナの影響でライブ活動などができていない分、SHOWROOMで配信をしながら歌やいろんな事を発信していますが、落ち着いたらまた色んな方にライブで聞いていただきたいです。

お仕事でボイトレの講師もさせていただいています。

音楽に対するコンプレックスや悩みを一対一で向き合うことによって音楽の楽しさを知ってもらえるとても素敵な仕事だと思います。

なによりも、自分の歌のコンプレックスや苦手な部分も知れるので、とてもやりがいのあるお仕事です。

来年から個人の方でも少しづつ講師をさせていただく予定です。

リリース作品について教えてください

「ねぇ、わかってよ」はまとめると自分の自己紹介みたいな曲です!

私がバンドを組んでいた時のベースが私のイメージで書いてくれた詩を私が付け足したして2人で作りました。

ラブソングを歌っていますが、私の殻をかぶっているかのような強気な外側の部分と、私の弱々しく崩れやすい心の奥底の部分がこの歌詞には詰まっています。

私が一番好きな歌詞は1番の始めにある「普通じゃなくてもいいじゃん。だって普通じゃないし」というところです。

私は幼い時から変わっていて、よくはぶかれたり、普通のことが出来ずにこの世界に生き辛さを感じていました。

普通でいること、綺麗に生きていく事が正しいとされているこの世の中で自分を出していくのはとても怖いことでもありますが、それでもいいじゃん!というメッセージと共に私を認めてくれた曲だとも思います。

曲調も可愛らしさをPOPな感じに、強気な部分をロック調に入れた曲になってます。

私のことを「ねぇ、わかってよ」

是非聴いてください!

neewakatteyo by Oru
Single • 2020 • 1 Song • 5 mins

今後の展望を教えてください

私の生き方や歌が誰かの人生の一部になり寄り添うことができるような活動をしていきたいです。

私自身、精神的な病気を持っているので誰かが一番辛い時に心の奥にいるようなそんなアーティストに人間になれればと思います。

私自身、幼い頃から今までいろんな音楽に触れてきました。

ジャンルや価値観に囚われずそれを壊せるような活動をしていきたい。

やりたいことはたくさんありますが、たくさんいろんなことに挑戦し、最後に誰よりもカッコよく生きれればいいかなと思います。

最後にみなさんに伝えたいことがあればどうぞ

皆さん、いつも本当にありがとうございます♡

いつも私をそのままでいいと認めてくれる方のお陰で私は楽しい時間を過ごさせていただいています。

そして何より、こんな世の中になり毎日死にたいと思ってた私に、自分の居場所を作ってくださったみなさんにはとても感謝しています。

今度は私自身や私の歌が皆さんに居場所を作れるように、これからもたくさん色んな事を発信できたらと思います。

そして私を初めて知ってくれた方、こんにちは!おるです。

興味を持ってここまで読んでくれて本当にありがとうございます!

みんなちゅきちゅきべいべー♡

SNS一覧

Twitter

https://mobile.twitter.com/124_allnight

Instagram

https://www.instagram.com/oruoruchan_124/

SHOWROOM

SHOWROOM(ショールーム)
SHOWROOMはアーティストやアイドル、タレント等の配信が無料で視聴でき、さらに誰でもすぐに生配信が可能な、双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間です。

 

 

・本日の記事を担当したのはU-toです。

音楽事務所Bright Sound社長、Most Lady Killerのボーカルを担当。アーティスト支援に力を入れブラックボックスのない事業を展開。また自身もアーティスト活動を行っておりテレビ朝日や千葉テレビなどのエンディング楽曲も担当。CDや配信限定楽曲も数多くリリース。
バンドマンが社長になった理由
By Most Lady Killer U-to

コメント

タイトルとURLをコピーしました