私にしかできない創作を歌を通してやっていきたい / manami

アーティスト

本日紹介するアーティストはmanamiさん。

とてもきれいな声で世界観のある歌を歌われているアーティスさんです。

是非チェックしてみてくださいね。

自己紹介をお願いします

誕生日は5月9日。

身長が139cmととても小さいので、実物を見るとびっくりするかも。

音楽以外の趣味は読書です。

小説や漫画、アニメなども好きです。

過去にはアニメや美少女ゲームの評論を書いていたこともありました。

シンガーとしては特異な経歴ですが、大学卒業後、大学院に進学し、近現代日本文学を研究していました。

大学院に進学して学んだことはたくさんあります。

でも、そのほかに楽しいことも苦しいこともありました。

以前から歌は好きでしたが、今のようにオリジナル楽曲の制作を始めたのは、うまくいかない研究からの逃避のためでした。

歌の活動を続けるうちに、とある対象をひたすら分析する研究よりも、自分の世界観を表現する創作のほうが向いているのではないかと思い始めました。

現在は大学院を卒業し、シンガー・作詞家としての活動に力を入れています。

どんな活動をしているのか教えてください

歌と作詞を担当し、音源制作を中心に活動しています。

やさしく透明感のある歌声と独特な世界観が特徴です。

音楽はエレクトロニカサウンドが好きで、オリジナル楽曲もそのような方向性を目指しています。

歌詞については、J-POPの既存の枠に囚われず、manamiが今まで吸収してきたことを表現しているつもりです。

こだわりがあるとすれば、うつくしい日本語であること。

その他、アーティストさんやボーカロイド楽曲の歌詞提供も行なっています。

リリース作品について教えてください

直近に発表した2作を紹介します。

・「あげは蝶に恋をする話」

作曲家の北山寝言さんと制作したオリジナル楽曲です。

manamiが中学生のときに書いた小説がもとになった楽曲・「あげは蝶に恋をする話」と、その続編である「嘘の空気の街」・「エピローグ」の3曲入りのシングルCDです。

小説・物語がテーマの作品で、CDには本の形をしたブックレットを付けました。

楽曲はもちろんですが、ブックレットにも力を入れて制作した作品です。

・「機械仕掛けの街」

「機械仕掛けの街」、「ジュンスイカイダン」の2曲入りのシングルCD。幻想的でうつくしいエレクトロニカサウンドが特徴です。

「機械仕掛けの街」は工場地帯の風景を、「ジュンスイカイダン」は〝超芸術トマソン〟・〝純粋階段〟を、manamiの感性で描写しました。

今後の展望を教えてください

オリジナル楽曲制作に力を入れ、ほかの誰でもない“manami”を表現していきたいです!

2021年9月23日にとても久しぶりのライブが決まっています。

ぜひ遊びに来てください。

詳細はまだ未定。

場所は東京近辺。

最後にみなさんに伝えたいことがあればどうぞ

一般企業に就職せず研究者の道を志した私ですが、今ではその道も閉ざされ、いわばお先まっくらな状況です。

お先まっくらな状況は未だ変わりませんが、私の救いとなったのは音楽とそれに載せて自分を表現することでした。

もし、そんな音楽が自分でないほかの誰かに届くならそれほどうれしいことはありません。

すでに活動を見てくれている方には、心から感謝いたします。

これからも創作していきますので、manamiを応援よろしくお願いします!

Youtubeや音源配信などをやっています。

よろしければ覗いていってください。

SNS一覧

Twitter:https://twitter.com/sing_noww

Instagram:https://www.instagram.com/sing__noww/?hl=ja

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC7UJ9hD8sZ8_wxASK0drCMg

Release:https://big-up.style/artists/162748

 

 

・本日の記事を担当したのはU-toです。

音楽事務所Bright Sound社長、Most Lady Killerのボーカルを担当。アーティスト支援に力を入れブラックボックスのない事業を展開。また自身もアーティスト活動を行っておりテレビ朝日や千葉テレビなどのエンディング楽曲も担当。CDや配信限定楽曲も数多くリリース。
Profile
Bright Soundの社長でもあり Most Lady KillerのボーカルU-toのプロフィール
タイトルとURLをコピーしました